魅力的な北欧家具

魅力的な北欧家具

最近、よく一人暮らしだったら良かったのにと思うときが増えてきた気がします。
実家住まいも楽しいし気楽なのですが、やはり親の持ち家だけに好き勝手が出来ない。
オシャレ雑貨や、食器を見つけたときや、ふと可愛らしい北欧家具が目に入ったときなど、欲しいけどどこに置こうと悩んで「一人暮らししたい!」と思い至ることが多いです。
一人暮らしならば、好きな家具や食器、雑貨を一から買い集め、自分の好みに部屋をコーディネートできますが、実家だと今までのモノもあるのでなかなか難しかったり。
特にタンスや机など大ものの家具は買うにも捨てるにも一苦労で買い換えるまで行けず、仕方なくせめてとばかりに可愛い小物を買い足してみるのですが、やはり付け焼き刃というかなんというか。
部屋の中がどこかちぐはぐしてしまうのですよね。
同じような悩みの方も結構居るんじゃないかなと。
これがあこがれのレトロな北欧家具だったらどんなに部屋が可愛くなることかと、悔やむこともしばしば。
そうはいってもどうせ買えないので、たまに家具屋に足を運んだり、雑貨屋のアンティーク家具を見て「こんなのがほしいなぁ」と夢を膨らませています。

シンプルな家具も好きなのですが、やはり私がもしも買うならばアンティークの北欧家具ですね!
アンティーク北欧家具は本当に可愛いのが多く、あの独特の曲線模様が可愛く、木のぬくもりのある少し素朴でアンティークなものから、猫足が可愛い落ち着いた風合いのアイテムまでと、割と様々なものが私の好みにぴったりなので北欧家具を取り扱う家具屋を見るのはかなり好きです。
そして家具も良いのですが、使わないだろうと言われてしまいそうですがトルソーも結構可愛いのがあるのですよ。
オーソドックスな布製のトルソーでも可愛いのに、アイアントルソーなんかもうかなり可愛くてですね、インテリアとしてで良いから欲しいと思えるぐらいです。
また北欧家具にもレトロ系だけではなく、デザイナーズの家具もあり結構面白いのが多いんです。
ビビッドな色合いのものや、奇抜なデザインで結構見ているだけも楽しいんですよ。
家具と言うよりはインテリアに近いものもけっこうありますが、さすがはデザイナーズという雰囲気でどんな部屋に置かれるのかと想像するのも意外と楽しかったりします。
もし家具屋さんに行かれたときはぜひ覗いてみて下さい。見るだけでも楽しいのでおすすめです。
見てるとどうしても欲しくなってきてしまうのですけどね。

私は、置く場所を探すことから始めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*